耐震性を左右する?耐震等級を高めるためにも重要な耐力壁とは

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/03/28


「耐力壁」をご存知でしょうか?リフォームや家づくりの際に、言葉だけ聞いたことのあるという人もいるでしょう。耐力壁とは一体どんな壁で、どういった役割を持っているのでしょうか?この記事では、耐力壁の特徴や代表的な耐力壁の種類、そしてバランスの考慮への重要性を紹介します。耐力壁について知識を深めたい方は、参考にしてください。

耐力壁ってどんな壁?

そもそも耐力壁とは、どんな壁のことを指すのでしょうか?ここでは耐力壁について、詳しくまとめています。

■耐力壁とは何か?

耐力壁とは、建物の耐震性を強化するのに欠かせない壁です。建物には常に、建物自体の重さによる力(垂直方向)と、台風による強風などによる力(水平方向)の2つがかかっています。この2つの力に抵抗し、建物を支えるのが耐力壁に課せられた使命です。なお、垂直方向の力に関しては、耐力壁だけでなく柱も一緒に建物を支えています。

■横揺れに強いのが特徴

耐力壁がとくに得意とするのは、建物を横揺れから守ることです。木造住宅では、一般的に「軸組工法」という工法が採用されています。この「木造軸組工法」で建てられた住宅は接合部分が回転しやすいことから、水平方向からかかる力への抵抗力が弱くなりがちです。そこで、横揺れ問題を解決するために考案されたのが、耐力壁となります。

■プランに制約は出るの?

残念ではありますが、耐力壁を設けることで多少プランに制約が出てしまいます。具体的には、2×4(ツーバイフォー)工法なら開口部や間取り部分に、そして木造軸組工法なら間取りに制約が発生するのです。しかし、一戸建てに関しては耐力壁の移動も可能なので、そこまで気にする必要はありません。それよりも、耐震性を考慮したほうがよいでしょう。

代表的な耐力壁の種類

耐力壁には、いくつかの種類があります。工法ごとに耐力壁の作り方が変わってくるため、それぞれどんな工法なのか、順番に見ていきましょう。

木造軸組工法

日本の木造住宅で、もっとも採用率の高い工法が木造軸組工法です。木造軸組工法における耐力壁は、筋交いを使って造ります。なお、「筋交い」というのは梁・柱・床・土台の4点で構成された枠内に、斜めに渡した補強材のことです。この補強材が、横揺れが起きた際に建物が歪むのを防ぎます。

また、筋交いには片筋交い・たすき掛けの2種類があり、この他にもMDF(木質中質繊維板)や構造用合板による耐力壁やなどもあります。

2×4(ツーバイフォー)工法

木造枠組壁工法とも呼ばれていますが、その名の通り2インチ×4インチの角材による面材と木製パネルを掛け合わせ壁・天井・床を作って箱で面型に組み立てた工法です。そして2×4(ツーバイフォー)工法では、この面材が耐力壁となります。面で建物全体を支えるため、地震などの衝撃も躯体全体に分散されるのが特徴です。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造の建物には、耐力壁と非耐力壁があります。壁の厚みや壁内に含まれる鉄筋量が違いますが、見た目上の区別はつきません。ただし、開口部が大きい壁に関しては、耐力壁ではない可能性が高いです。

耐力壁は量だけでなくバランスも考慮

ここでは、耐力壁のバランスについてまとめています。「壁倍率」といって、耐力壁には各種類でのバランスがあらかじめ定められています。その倍率が耐力壁としての強さを示すため、倍率通りの施工がされなければ本来の役割を果たさないのです。また、釘を打つ場合も規定の釘を使用し、決まった感覚で決まった位置に打たなければ、耐力壁として機能しません。

■耐力壁を増やし耐震性をアップ

耐震性を高めたいなら、耐力壁を多めに設置することをおすすめします。しかし、ただ「とにかく耐力壁を増やせばよい」という話ではなく、バランスも考慮しなくてはいけません。

具体的には、2階建てなら1階と2階で同じ位置に耐力壁を設置したり、四隅を支える形で設置したりするなど、ポイントを押さえながら場所を決めていきましょう。

■バランスが考慮されないと…?

耐力壁を設置する場合は、バランスへの考慮も重要です。たとえば、ごく一部の場所にだけ耐力壁が集中してしまうと、却って耐震性の低いバランスの悪い建物になってしまいます。

なお、かつては建物の剛心や重心を考慮しながら、構造設計する必要がありました。しかし、建築基準法が2000年に改正された結果、「バランスが取れているかどうか」の判断がしやすくなったのです。

 

建物の耐震性を高めるのに欠かせない、耐力壁について紹介しました。なお、一戸建てなら耐力壁も移動させられますが、マンションの耐力壁は建物の構造を支える躯体となるため、共有部分として扱われています。よって、住民が勝手に場所を変えたり撤去したり、ましてや穴を開けたりすることはできません。そして、建物の耐震性を守るためにも、家づくりやリフォーム工事は耐力壁や耐震等級に詳しい業者に依頼しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

衣類や家具の収納先としてウォークインクローゼットに注目が集まっています。利点ばかりに目がいきがちですが、デメリットはないのでしょうか。今回はウォークインクローゼットの種類やメリット・デメリッ

続きを読む

平屋というと古い日本家屋を想像する人が多いのではないでしょうか。しかし近年、新築の平屋を希望する若い世帯が増えています。この記事では、そんな平屋の魅了をご紹介します。平屋にあこがれている人は

続きを読む

注文住宅で人気を集めている吹き抜け設計。リビングや玄関に設けることが多く、開放的でおしゃれな空間を演出してくれます。この記事では、そんな吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介します。吹き抜け

続きを読む

住宅の購入を検討している方の中には、建売住宅と注文住宅のどちらを購入すべきかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、建売住宅と注文住宅の大きな違いやメリット・デメリット、それぞ

続きを読む

注文住宅を建てる際、内装のデザイン選びに苦心する人は多いでしょう。ほとんどの人は家づくり自体が初めてですし、自由度が高いことで却ってどんな風にしたらよいか判断できず迷子になってしまう人もいる

続きを読む

マイホームを建てる時、「耐震等級をどうするか」とハウスメーカーなどから尋ねられ、返答に窮した経験のある方もいるのではないでしょうか?「耐震等級は高いほどよい」ともいわれがちですが、それは本当

続きを読む

注文住宅の建設は、自由度が高いことを生かして理想の住宅を完成させたいものです。そして、家づくりの工程の主役の一つである設計は、土地やライフスタイルに応じて最適なプランニングをすることが大切で

続きを読む

耐震性やシロアリの防除、湿気による結露、耐火性、シックハウス対策など、家づくりの際に気を配りたいポイントはたくさんありますよね?それらの悩みが一気に解決する魅力的な建材、それがダイライトです

続きを読む

「耐力壁」をご存知でしょうか?リフォームや家づくりの際に、言葉だけ聞いたことのあるという人もいるでしょう。耐力壁とは一体どんな壁で、どういった役割を持っているのでしょうか?この記事では、耐力

続きを読む

住宅の購入を検討する際、建売住宅と注文住宅のどちらを購入するかで悩む方も多いのではないでしょうか。そして、建売住宅と注文住宅はそれぞれ異なる魅力があるため、双方の違いを知ったうえで検討するこ

続きを読む