株式会社工藤工務店の口コミや評判

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/17

株式会社 工藤工務店
住所:〒254-0077 神奈川県平塚市東中原1丁目3ー62
TEL:0463-37-4003
受付時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜・祝日

株式会社工藤工務店は湘南の平塚で40年以上の歴史があり、1,000棟以上の木造住宅を取り扱ってきた工務店です。建築へのこだわりを大切にして家づくりを行ってきました。断熱・遮熱性能、耐震・制震性能などにこだわり、自然素材や健康素材を使用した完全自由設計の注文住宅を提案してくれます。今回は工藤工務店の特徴を紹介します。

断熱と遮熱効果で快適な空間

工藤工務店では「太陽に素直な家」ということを家づくりの基本と考えているようです。冬には太陽エネルギー取り入れ、断熱性能を高くし、取り入れた熱を逃さないことが大切です。夏には南向きの窓から入ってくる太陽エネルギーのカットが快適な空間作りに必要となります。

工藤工務店では断熱と遮熱効果を高めるために、こだわって選んだ材料を使用しています。家のエネルギーの出入りを考えるときに、窓は重要なポイントです。窓からは、冬の暖房中の熱が58%逃げてしまい、夏の冷房中は73%の熱が入ってきます。

一般的に使われている窓サッシは多くがアルミ素材ですが、工藤工務店では、アルミより1,000倍熱を伝えにくい「樹脂サッシ」を使用しています。窓枠に断熱性能が低いアルミを使ってしまうと、窓を閉めているのに隙間風が吹き込むようなものであり、世界的にサッシは、樹脂や木質が当たり前になってきているのです。

また、金属膜で熱の伝わりを抑える「Low-E複層ガラス」を使用しています。複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑える特殊な金属膜がコーティングされていて、さらに高い断熱性能と遮熱性能を実現しています。「Low-E複層ガラス」は、断熱しながらも太陽熱の暖かさを取り込む断熱タイプと、日射熱を遮り室内を涼しく保つ遮熱タイプの2種類です。

また日差しを窓の外で86%以上カットする「アウターシェード」を使用しています。室内温度の上昇を抑えることができるので、エアコン使用時の節電効果にも役立つでしょう。さらに遠赤外線を90%反射する「遮熱防水シート」を利用しています。外壁、屋根の下地防水シートとして、遮熱タイプの使用により遮熱性能と透湿性能が高くなります。

現在の住宅建設に使われている断熱材は、化学物質で作られたものが多いのが実情です。工藤工務店は断熱材にもこだわり、最高級の断熱材といわれる「アップルゲート・セルロースファイバー」を使用しています。「アップルゲート・セルロースファイバー」は、アメリカの新聞(セルロース)を再利用したもので、木の繊維でできた自然素材の断熱材は、体や環境にも優しいものです。

耐震等級3相当の耐震性

工藤工務店は、耐震等級最高レベルである「耐震等級3」をすべての棟で実現しています。震災時の重要な拠点となる消防署や警察署などに求められる安全性能と同じです。いつ、どこで起こるかわからない大地震に耐震性能と制震性能はとても重要です。

耐震工法には地震の力を強い耐力面材で分散することで、大きな地震にも耐震性を発揮する「ダイライトMS」を使用します。地震の揺れを面で支え、力の流れを分散でき安定した強度が保てるのです。

制震性能には高層ビルの制振装置に用いられる粘弾性体を、木造住宅用として両面テープ状に加工した「制震テープ」を使用します。大きな地震の際、最大80%の揺れを低減して110年後も充分な制震性能を保つ高い耐久性です。

大地震時に柱・梁は平行四辺形に変形し、面材は長方形のままです。そのため、間にズレが生じ、柱・梁と面材を固定している釘が曲がったり、折れたりします。住宅全体の緩みは、地震が繰り返しおきるたびに大きくなってしまうのです。「制震テープ」をズレがおこる箇所に挟みこむことにより、振動エネルギーを消散させて衝撃や振動の軽減に役立ちます。

4つの長期保証付き

工藤工務店で用意している保証は4つあり、「住宅瑕疵保証10年」「地盤保証30年」「地震保証30年」「シロアリ保証15年」と、どの保証も業界最長期間です。

住宅瑕疵保険「JIOわが家の保険」は、すべての建物でJIO(日本住宅保証検査機構)により、建築中に基礎配筋検査、構造体検査、外装下地検査の3回の検査が行われます。

住宅瑕疵履行法では、構造耐力上主要な部分および、雨水の浸入を防止する部分に関して10年間の瑕疵担保責任が対象になります。長期間、保証してくれるサポート体制が整っているので安心です。

オーガニック地盤保証「BIOS」の地盤30年保証では、第三者機関による地盤調査がすべての現場で行われ、資産価値の高い地盤が保証されます。地震に強く、環境にも優しい、オーガニックな天然砕石のみを使用した地盤補強なので土壌を汚染する心配がありません。また浄化費用や、埋設物の撤去費用が発生しないメリットもあります。

制震工法地震保証「アイディールブレーン」30年は、引き渡し日を100%の保証、10年で75%20年で50%30年で25%のように築年数が浅い時期ほど手厚くなっています。通常の地震保険は、5年ごとに契約更新がありますが、制震テープ利用の「アイディールブレーン」の場合は30年間一括です。

防蟻防腐保証「ボロンdeガード工法」は、ホウ酸による防蟻処理です。人体に安全な自然素材のホウ酸を使用し、シロアリの被害から大切な家を守ります。ホウ酸は揮発しないため、雨などで流出しなければ、半永久的に木部内で効果的に働きます。

防蟻防腐保証は5年の保証期間の場合がほとんどですが、「ボロンdeガード工法」は15年の長期保証です。5年目と10年目に有料点検を受けることが必要となっています。

 

工藤工務店は断熱・遮熱性能、耐震・制震性能へのこだわりを大切にしています。また、自然素材や健康素材を使用した完全自由設計の注文住宅を提案してくれます。耐震等級3相当の耐震性の実現や4つの長期保証付きなど安心できる家づくりが可能です。まずは公式サイトから資料請求をしてみましょう。チャット機能画面でカタログの請求やスタッフとのチャットも簡単にできます。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

衣類や家具の収納先としてウォークインクローゼットに注目が集まっています。利点ばかりに目がいきがちですが、デメリットはないのでしょうか。今回はウォークインクローゼットの種類やメリット・デメリッ

続きを読む

平屋というと古い日本家屋を想像する人が多いのではないでしょうか。しかし近年、新築の平屋を希望する若い世帯が増えています。この記事では、そんな平屋の魅了をご紹介します。平屋にあこがれている人は

続きを読む

注文住宅で人気を集めている吹き抜け設計。リビングや玄関に設けることが多く、開放的でおしゃれな空間を演出してくれます。この記事では、そんな吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介します。吹き抜け

続きを読む

住宅の購入を検討している方の中には、建売住宅と注文住宅のどちらを購入すべきかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、建売住宅と注文住宅の大きな違いやメリット・デメリット、それぞ

続きを読む

注文住宅を建てる際、内装のデザイン選びに苦心する人は多いでしょう。ほとんどの人は家づくり自体が初めてですし、自由度が高いことで却ってどんな風にしたらよいか判断できず迷子になってしまう人もいる

続きを読む

マイホームを建てる時、「耐震等級をどうするか」とハウスメーカーなどから尋ねられ、返答に窮した経験のある方もいるのではないでしょうか?「耐震等級は高いほどよい」ともいわれがちですが、それは本当

続きを読む

注文住宅の建設は、自由度が高いことを生かして理想の住宅を完成させたいものです。そして、家づくりの工程の主役の一つである設計は、土地やライフスタイルに応じて最適なプランニングをすることが大切で

続きを読む

耐震性やシロアリの防除、湿気による結露、耐火性、シックハウス対策など、家づくりの際に気を配りたいポイントはたくさんありますよね?それらの悩みが一気に解決する魅力的な建材、それがダイライトです

続きを読む

「耐力壁」をご存知でしょうか?リフォームや家づくりの際に、言葉だけ聞いたことのあるという人もいるでしょう。耐力壁とは一体どんな壁で、どういった役割を持っているのでしょうか?この記事では、耐力

続きを読む

住宅の購入を検討する際、建売住宅と注文住宅のどちらを購入するかで悩む方も多いのではないでしょうか。そして、建売住宅と注文住宅はそれぞれ異なる魅力があるため、双方の違いを知ったうえで検討するこ

続きを読む