サンキホーム株式会社の口コミや評判

公開日:2022/03/01   最終更新日:2022/03/28

サンキホーム株式会社の画像
サンキホーム株式会社
住所:神奈川県藤沢市辻堂元町4-15-17
TEL:0466-33-3336

サンキホームは神奈川県藤沢市に本社を置く建築会社です。40年以上の歴史を持つ、地元に密着した企業です。時代とその土地に適した快適な住宅を追求してきたサンキホーム。ここでは、サンキホームの家づくりの軸、丈夫で長持ちする家にするハウスガードシステム、SE構法の施工について解説します。

サンキホームの家づくりの軸とは

一般的な住宅では、耐震、耐風などの強さを計る構造計算を行っていない会社もあります。これは、法律的にその必要がないからです。サンキホームではすべての住宅で構造計算を実施し、さらに外部機関の検査であるJIOの検査を計6回実施して安全性を担保したうえで引き渡しています。

また、自然素材を使用することにもこだわっており、空気清浄機能が高い漆喰を使用しているのも特徴です。断熱性能が非常に高いのも特徴です。

サンキホームの家はUA値0.6を基準として建築されています。UA値とは、簡単にいえば、どれだけその家が断熱効果に優れているのかという値で、少ないほどその効果が高いです。サンキホームは、ウレタンフォームの吹き付けと断熱材にミネラルウールという玄武岩と呼ばれる天然素材の岩を原材料とするものを使用することで担保しています。

丈夫で長持ちな家にするハウスガードシステム

サンキホームのハウスガードシステムには、二つの特徴があります。

1つは柱の防蟻処理についてです。従来の住宅で採用されている防蟻処理は、表面のみに防蟻剤を添付する方法ですが、サンキホームは木材を加圧して防蟻剤を柱の芯まで染み込ませる方法を採用しています。これは、薬剤が表面から流れ出すことを防ぐとともに、仮にシロアリに食べられても、防蟻効果を半永久的に持続させることができます。

2つ目が釘、金物の種類についてです。一般的な亜鉛メッキの金物よりはるかに強力なものを採用しています。これは、デュラルコートといわれる商品で、釘、金物の皮膜に特殊有機皮膜を使うことで従来の金属では避けられなかった赤錆や劣化を大幅に抑えられるものです。

一般的な釘や金物が20年もすれば赤錆でボロボロになり、その機能を果たせなくなるのに対し、デュラルコートは40年経ってもその効力が失われないという実験結果が出ています。建物の耐久性の要である柱と釘、金物の耐久性を極限まで追求するのは、住宅の耐久性に強いこだわりがある証でしょう。

SE構法の施工実績は湘南エリアでNo.1

SE構法とは、いわゆるラーメン構法を木造建築に取り入れた構法のことです。「ラーメン?あの食べるラーメン?」と思った方、それとはまったく関係ありません。ラーメンはドイツ語でRahmenと表記し、剛接合でなされている骨組み。額縁などの意味を持ちます。わかりやすくいえば箱型の骨組みのことです。

この構法はもともと、ビルや大きく頑丈であることを必要とされる公共施設などに広く採用されている構法で、一般的に鉄骨造の建物に使用されています。箱型の一体化した骨組みをいくつも組み合わせることで、外部からの圧力を箱全体で分散します。また、箱自体が強固に接合されているので、簡単には崩れたり、折れたりすることはありません。

メリットとしては、縦方向の圧力に強く、複数組み合わせることでさらに強さが増すことにあります。そのため、建物自体が構造的に頑丈で壊れにくいものになります。大きな開口部や大空間を作りやすいのも特徴です。ラーメン構法は従来の軸組構法のように筋交いや露出したボルトや金物を使用しません。

そのため、開口部を作りやすく、「リビングを丸々吹き抜けにする」「壁一面ガラス窓」「LDKと玄関、他の生活空間をドアなしで直結する」など、大胆な間取りが可能になります。これは、将来的に間取りの変更が必要になった場合に有利に働きます。外骨格が頑丈なので、壁一枚を抜けば簡単に大空間を作るなどのことが可能になるようです。「二つの子ども部屋をつなげて一つの部屋にしたい」「応接室とリビングを壁なしで直結したい」などのことが軸組構法と比べ、簡単にできます。

当然、デメリットもあります。ラーメン構法は箱型であるために構造的に横からの力に弱いです。ビルなどはそれをコンクリートや免震装置などで補強することで弱点を克服していますが、構造的には完全ではないです。一般的な住宅では、横揺れの地震が問題になるのは想像に難くないでしょう。

サンキホームではこの弱点を減震パッキンと徹底的な構造計算で克服しています。ラーメン構法は、構造体そのものが一体化しているため、一部を削ったり、なくしたりすることが難しい側面があります。それゆえ、「曲線を描いた壁」「複雑に入り組んだデザイン性の高い住宅」「特殊な形をした梁」などを作るのは苦手です。

また、柱と柱を金物で強固に接続するので、柱や梁にでっぱりなどができる可能性があります。当然、サンキホームはこのようなメリット、デメリットは知り尽くしています。住宅建築の際は、これらを踏まえたうえで適切な提案をしてくれることでしょう。

 

サンキホームの家づくりの軸、丈夫で長持ちする家にするハウスガードシステム、SE構法の施工について解説しました。数値に裏打ちされた非常に頑丈で、高性能な住宅を提供するサンキホーム。住宅の耐久性と性能にとことんこだわる姿勢は、長い経営の中で培ったノウハウや経験を生かして、適切なものを取捨選択してきた結果であるのはいうまでもありません。サンキホームを住宅建築会社の候補として検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

衣類や家具の収納先としてウォークインクローゼットに注目が集まっています。利点ばかりに目がいきがちですが、デメリットはないのでしょうか。今回はウォークインクローゼットの種類やメリット・デメリッ

続きを読む

平屋というと古い日本家屋を想像する人が多いのではないでしょうか。しかし近年、新築の平屋を希望する若い世帯が増えています。この記事では、そんな平屋の魅了をご紹介します。平屋にあこがれている人は

続きを読む

注文住宅で人気を集めている吹き抜け設計。リビングや玄関に設けることが多く、開放的でおしゃれな空間を演出してくれます。この記事では、そんな吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介します。吹き抜け

続きを読む

住宅の購入を検討している方の中には、建売住宅と注文住宅のどちらを購入すべきかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、建売住宅と注文住宅の大きな違いやメリット・デメリット、それぞ

続きを読む

注文住宅を建てる際、内装のデザイン選びに苦心する人は多いでしょう。ほとんどの人は家づくり自体が初めてですし、自由度が高いことで却ってどんな風にしたらよいか判断できず迷子になってしまう人もいる

続きを読む

マイホームを建てる時、「耐震等級をどうするか」とハウスメーカーなどから尋ねられ、返答に窮した経験のある方もいるのではないでしょうか?「耐震等級は高いほどよい」ともいわれがちですが、それは本当

続きを読む

注文住宅の建設は、自由度が高いことを生かして理想の住宅を完成させたいものです。そして、家づくりの工程の主役の一つである設計は、土地やライフスタイルに応じて最適なプランニングをすることが大切で

続きを読む

耐震性やシロアリの防除、湿気による結露、耐火性、シックハウス対策など、家づくりの際に気を配りたいポイントはたくさんありますよね?それらの悩みが一気に解決する魅力的な建材、それがダイライトです

続きを読む

「耐力壁」をご存知でしょうか?リフォームや家づくりの際に、言葉だけ聞いたことのあるという人もいるでしょう。耐力壁とは一体どんな壁で、どういった役割を持っているのでしょうか?この記事では、耐力

続きを読む

住宅の購入を検討する際、建売住宅と注文住宅のどちらを購入するかで悩む方も多いのではないでしょうか。そして、建売住宅と注文住宅はそれぞれ異なる魅力があるため、双方の違いを知ったうえで検討するこ

続きを読む